向井歯科ブログ


BLOG

歯を抜かなければいけないと言われたら?

未指定

こんにちは。院長の向井です。

歯が折れたり、差し歯が取れて中がぐずぐずで抜かないといけないと言われることは多いでしょう。

歯を抜く場合には、ブリッジ(抜いた部分に隣接する左右2本の歯を土台として抜けた部分の歯に被せ物を入れる方法)、あるいはインプラント治療(歯を抜いた部分の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に歯の被せ物を入れる方法)を勧められることが多いでしょう。

ですが、歯を抜き、ブリッジ治療やインプラント治療を行う以外の他の方法はないのでしょうか?

条件によっては、まだ歯を抜かなくても問題ない可能性があるとしたら?
以下で、そんな歯を抜かなくてもいい場合の症状を紹介いたします。

歯を抜かなければいけないと言われたら?

上の画像では、骨の中も根の壁が薄くて折れそうなくらいぐずぐずです。

 

上部は歯肉の深いところで折れていました。

ですが、かろうじて根のさきは膿んでもなく大丈夫そうです。

 

 

歯を抜かなければいけないと言われたら?

2か月かけて根を挺出(ていしゅつ:歯の根の部分とは反対の先端、上の方への移動)して3ヶ月固定したのが上の画像です。

根の位置がかなり引っ張り上がっています。

抜けた根の跡はすでに骨が再生したようです。

 

 

歯を抜かなければいけないと言われたら?

上の画像で図にしていますが、引っ張り上げた後、増えてしまった骨と歯肉の形を修正して被せればまだ抜かないで使えそうです。
短い根になりましたが挺出した分被せ物も小さくなるので、以外と長持ちします。

急いでインプラントにしたり、健康な隣の歯を犠牲にしてブリッジ治療でしのがないでよさそうです。

根の挺出という歯を温存する選択肢を検討することで、約半年間かけて、インプラントやブリッジを回避することが可能かもしれません。

こういったことは、実は非常に頻繁にあるケースで、当院では毎日のように挺出を用いて歯の温存を測っています。


最後に、挺出の痛みに関して補足です。
矯正の際に行う挺出は、実は痛みがありません。
よく「痛いですか?」と聞かれるので、「痛くないよー」と返答しますが、こういった会話は、患者様との間でよく行われるやり取りです。
「抜歯と違って、ゴムでゆっくり歯を引っ張り出すので痛くないよ」と説明すると皆さま安心されています。

皆さんも、もし抜歯を宣告されたときには、ぜひ思い出して欲しい方法です。

かかりつけの歯医者さんで抜歯を宣告されてしまったが、抜かなくて済む可能性があるのか見てもらいたいなど、今回紹介したようなケースでお悩みの方はお気軽に向井歯科までご相談いただければと思います。

 

 

医療法人 紀文会 向井歯科
〒575-0033 大阪府四條畷市美田町7-10
TEL:072-862-0123
URL:https://mukai-dc.com/
Googleマップ:https://g.page/r/CZEPKHA_-020EAE?gm

月刊アーカイブ