口腔外科


SURGERY

お口の中のさまざまなお悩みを
外科的な方法で治療する
「口腔外科」

お口の中のさまざまなお悩みを外科的な方法で治療する「口腔外科」

口腔外科では、口内や口腔周辺の病気やけがが治療の対象となります。
親知らずの抜歯、歯の移植、顎骨の骨折や口腔の軟組織の治療などを行ないます。歯根嚢胞や腫瘍の除去、口腔がんの検診も実施しています。
向井歯科の院長は、大阪大学附属病院で口腔外科医として勤務した経験があります。さまざまなケースに対処してきた経験をいかし、症状に応じて適切な治療を行ないます。
皆さまによりHAPPYな日常を過ごしていただくために、必要な手術は積極的に行なって、患者さまの口腔の健康に貢献したいと考えています。

《口腔外科で対応する疾患や処置》

親知らずの抜歯、歯の移植、歯の破折、歯の脱臼、口の中のけが、顎骨の骨折、難抜歯、歯根嚢胞(のうほう)除去、 口腔腫瘍、顎骨嚢胞、三叉神経、痛顔面神経麻痺、顎変形症 など

親知らずの抜歯治療

親知らずの抜歯治療

親知らずは真っすぐ生えてくれば問題はありませんが、横や斜めを向いて生えると、隣接する歯がむし歯になったり、歯列を押して歯並びを乱したりします。
口腔外科ではレントゲン撮影で親知らずの状態を確認して、問題を起こしそうな場合には経過観察し、タイミングを見計らって抜歯をします。

親知らずの抜歯をしたほうがいいケース

・奥歯付近が痛んだり腫れたりすることがある
・親知らずが真っすぐ生えてきていない
・隣接する歯が親知らずに押されている
・噛み合う親知らずが生えてこない

親知らずの抜歯にともなう歯周組織再生療法

親知らずの抜歯にともなう歯周組織再生療法

横向き、または斜めに生えてきた親知らずは、隣接する手前の歯を圧迫します。一般的に親知らずが生えてくる10代後半以降も圧迫は続き、隣の歯に食い込む場合もあります。その状態から抜歯を行なうと、深い歯周ポケットが形成されてしまい、歯周病につながる場合もあります。
抜歯によるこうしたリスクを解消するためには、歯周組織再生療法を行ないます。歯根を包んでいる歯根膜を再生させることで、歯周ポケットの深化を防ぎ、歯根の露出を軽減します。

『リグロス』(歯周組織再生剤)を用いた歯周組織再生療法

リグロスとは細胞の増殖を促進する成長因子です。リグロスと同様の成分が、やけどや床ずれなどの治療にも使用されています。
歯科治療においては、歯周病などでダメージを受けた歯根膜や歯槽骨などの歯周組織を再生させるために用います。患部の歯肉を切開して剥離し、リグロスを塗布して縫合します。リグロスによって細胞が増えて血管が作られ、組織が再生されていきます。
およそ6ヵ月程度経つと、レントゲンで回復が確認できるようになります。

『エムドゲイン』(蛋白質を主成分とする薬剤)を用いた歯周組織再生誘導法

エムドゲインは、1995年に開発されたスウェーデンで治療に用いられ始め、日本では1998年に厚生労働省の認可が下りました。2001年には改良型も登場し、20年以上の実績がある治療法です。
エムドゲインは豚の歯胚から抽出・精製した薬剤で、エナメルマトリックスタンパク質が主成分となっています。歯が生えてくるときに重要なはたらきをするタンパク質です。歯肉を切開して患部に塗布すると、歯槽骨などの歯周組織の再生を促します。

自家歯牙移植

自家歯牙移植

むし歯や歯周病、外傷などで歯を失ってしまった場合に、健康な親知らずがあれば自家歯牙移植を行なえます。
ご自身の歯なので、拒絶反応や感染の心配がありません。歯根膜が付着した状態で移植できるので定着するのも早く、術後3ヵ月程度でしっかりと噛めるようになります。
自家歯牙移植の費用は、インプラントの半分程度です。

自家歯牙移植は親知らずの他にも、次のような場合に行なうことができます。

・抜歯しても噛み合わせに問題が起こらない歯
・むし歯や歯周病によるダメージのない歯
・歯冠や歯根が移植に適した形態の歯
・移植する部位に、移植した歯を支えるのに十分な骨量がある

嚢胞(のうほう)の治療手術

嚢胞(のうほう)の治療手術

嚢胞(のうほう)とは、体内に発生する分泌物が含まれる袋状のものです。多くの場合、気づかないうちに生じて大きくなり、細菌感染を起こしたり、周囲の組織を圧迫したりすると痛みが出てきます。
歯科領域においては、顎骨の内部にできるものと、唇などの軟組織にできるのう胞があります。

のう胞の種類

・歯根のう胞
・含歯性のう胞
・歯原性角化のう胞
・術後性上顎のう胞
・粘液のう胞

向井歯科では以下ののう胞摘出手術を行なうことができます。

歯根端切除術+歯根のう胞摘出術

通常の根管治療だけでは、治癒しなかった場合に行ないます。
歯肉を切開し、歯根の先端部分を切除して、感染した歯根から発生していたのう胞を取り除きます。この処置により、歯を抜くことなく治療できます。

抜歯+歯根のう胞摘出術

歯に破折があったり、のう胞が大きかったりして、歯を残したまま治療するのが難しい場合には、抜歯してのう胞を摘出します。
のう胞のサイズによっては、この手術で顎骨が大きく失われるケースがありますが、骨移植を行なって再建できます。

粘液のう胞摘出術

唾液を分泌している小唾液腺が傷つくなどして詰まってしまうと、周囲の組織に唾液が溜まります。この粘液のう胞は、唇や頬の内側などの口腔粘膜にできる代表的なのう胞です。
自然に破れて治癒する場合もありますが、治らずに大きくなった粘液のう胞は、外科処置で取り除きます。

口腔内蛍光観察装置を用いた
口腔がん検診

口腔内蛍光観察装置を用いた口腔がん検診

当院では、口腔内に生じたのう胞が、悪性のものでないかどうかチェックする検診を実施しています。
口腔がん検診では、口腔内蛍光観察装置でお口の中に特殊な光を照射して、反射があるか確認します。この装置によって肉眼による視診だけでは判断しにくい、初期のがんを発見できるようになりました。
悪性腫瘍の可能性がある場合には、大学病院をご紹介します。
喫煙の習慣がある方、口腔内の違和感が気になる方などは、些細なことでも当院までご相談ください。
※この検査では、必ずしも精確に悪性腫瘍を診断できるわけではありません。

リスク・副作用

●口腔外科治療一般

・症状や治療内容によっては保険を適用できますが、機能性や審美性を重視するため、基本的には自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・手術後、歯肉・顎などの炎症・疼痛・腫れ、組織治癒の遅延などが現れることがあります。
・手術後、薬剤の服用により眠気、めまい、吐き気などの副作用が現れることがあります。

●歯周組織再生療法一般

・多くの場合、歯肉の切開・剥離・縫合などの外科手術が必要となるため、腫れや痛みをともなうことがあります。
・患部が治癒するまで腫れや痛みがともない、手術直後は食事がある程度制限されます。
・使用する薬剤が体質に合わないなどの可能性があります。

●リグロスを用いた歯周組織再生療法

・基本的に保険診療ですが、自費(保険適用外)の治療法と併用すると保険診療ではなくなるため、高額になります。
・すべての部位に適用できるわけではありません。
・歯周組織が再生するまで半年から1年ほどかかります。
・再生作用が強く、正常な細胞と同時にがん細胞も活性化させることがあるため、がんの方への使用は適しません。

●エムドゲインを用いた歯周組織再生誘導法

・歯や骨の状態や位置によっては、手術できないことがあります。
・外科手術が必要なため、腫れや痛みをともなうことがあります。
・外科手術が必要なため出血、神経麻痺、血管損傷、術後の腫れやあざを発症する可能性があります。
・歯肉が引き締まってくるため、被せ物と歯肉との段差が目立つことがあります。
・糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞などが進んでいる方、がんによる放射線治療を受けている方、ステロイド剤を使った治療を受けている方、妊婦や授乳中の方などの安全性は確立していません。
・喫煙される方の場合、血行が悪くなるため、治癒の遅れや治療効果の低下を招くことがあります。
・糖尿病の方や喫煙される方でエムドゲインによる治療をご希望の方は、歯科医師とご相談いただき、状況によっては治療できない場合があります。

●自家歯牙移植

・移植した歯が生着せずに脱落することがあります。
・移植した歯の歯根が吸収されることがあります。
・術後の移植床周囲の炎症や疼痛、感染などが起こることがあります。
・外科手術をともなうため、術後に痛みや腫れ、違和感が出ることがあります。