BLOG ブログ

骨欠損 と のう胞除去施術

こんにちは。院長の向井です。

今回は2006年に見つけた骨欠損の症例についてご紹介します。
生活歯しか周囲にないので経過を見ていたのですが、
2012年にはかなりの大きさになりました。

結局取りましたが、のう胞の再発を恐れ、
のう胞と接する歯の抜髄と歯根端切除が必要でした。

神経が圧迫され、痺れも出ましたが
すぐに回復されたのでよかったです。
ほっと一安心でした。

先日(2021年10月8日)来院され経過をみることができました。
骨梁も正常と思われます。

歯が原因でないのう胞は頻度が少ないので、
治療に踏み切るタイミングが難しいです。

今回は歯が残せてよかったです。

医療法人 紀文会 向井歯科
〒575-0033 大阪府四條畷市美田町7-10
TEL:072-862-0123
URL:https://mukai-dc.com/
Googleマップ:https://g.page/r/CZEPKHA_-020EAE?gm