診療内容

口腔外科

横になっている親知らずの抜歯
親知らず(横になっている)の抜歯

横になった親知らずを放っておくと、手前の歯が、虫歯になったり、歯周病になったり、歯並びが悪くなったりします。症状がなくてもなるべく、若いうちの抜歯を勧めます。
歯茎の中に、完全に潜っている場合、その存在を気付いていないことがあります。そういう場合でも手前の歯への悪影響は同じですので、抜いた覚えのない人はレントゲンを撮りましょう。当院では、外科処置を得意としていますので、抜歯の経験も非常に豊富です。安心してお任せ下さい。
親知らずは本当に頻度の高い口腔外科処置ですが、一般歯科では、扱っていない医院も多いです。

歯牙移植
歯牙移植

自分のかみ合わせに必要ない、あるいはかみ合わせに参加していなかった歯をかみ合わせに参加させるために、抜歯して、歯のない場所に移植します。約3ヶ月後からくっつきます。
条件にあった歯が必要なので全ての場合に可能ではありませんが、条件さえ合えば、自分の歯なので大変良好な結果が期待できます。費用的にもインプラントのほぼ半分程の費用で済みます。

歯を残すための手術(のうほう摘出術・歯根端切除術)
歯を残すための手術(のうほう摘出術・歯根端切除術)

根っこが腐って腫れたりした場合、根っこの消毒だけで、治らない場合があります。そういう場合に、抜歯を考える前に根っこの中から消毒できなかった根っこの先を切除し、膿の袋を摘出することによって抜歯を回避する手術です。大きさによっては骨の移植を行い、傷がへこまない様にすることも可能です。

腫瘍摘出術
腫瘍摘出術

口腔内で多い腫瘍は、線維腫や脂肪腫、粘液のう胞ですが、良性腫瘍なので、摘出すれば再発はありません。悪性腫瘍が疑われる場合は、大学に紹介を致します。実際に歯周病を疑って来院された方に、悪性腫瘍の方がいらっしゃいました。紛らわしい場合がありますので、一度相談して下さい。

顎関節症治療
顎関節症治療

多くは開閉時の痛みですが、筋肉の痛みの場合と、関節自体が痛い場合があります。放置するだけでも、2週間ほどで改善することの多い病気ですが、それで治らない場合は、治療することによって、早く改善が見込めます。一番多いのはストレスで食いしばるのが原因で顎関節の痛みを訴える場合です。マウスピースを使って力の分散を図ったり、薬で筋肉の緊張をとったり理学療法を行ったり致しますが、症状が多岐にわたるため、治療法も一つではありません。治りにくい場合は、一度相談して下さい。

外傷(縫合・歯牙脱臼)
外傷(縫合・歯牙脱臼)

唇の外傷とか、顔面からぶつかった時の傷とか、前歯が抜けたとか、外傷に対する処置です。歯牙が抜けた場合は冷たい牛乳に保存してすぐ来院していただければ、また、骨とくっつきますので、乾燥させないように、気を付けて下さい。水道水には長時間つけないで下さい。

抜歯窩保護手術
抜歯窩保護手術

どうしても歯を抜かなければならない場合、その後歯を抜いた骨はへこみ、困った事が起こります。
将来的にインプラントをしたくても、大掛かりな骨の移植を行なう必要があるかも知れません。
抜歯直後、あるいは数週間後に骨の移植をする事により、将来的に大きく骨が減る事を防ぎ、インプラントも可能な状態に骨を保つ事ができます。

急増する口腔ガン、早期発見のために検診を!(ベルスコープ)
ベルスコープ

口腔ガンになる人は15年前の2倍にも増えているそうです。ベルスコープは、特殊な光線を口腔内に照射することでガンを発見できる口腔ガン検診装置です。今までは肉眼による視診で判断していた症状を、特殊な光線で判断でき、初期の癌でも高い確率で発見できるようになりました。口腔内に違和感を感じる方は、どうぞ一度お試しください。

注 : 確定診断出来るものではございません。